金投資 人気

スポンサードリンク

金投資はなぜ人気があるのか?

金は人類の歴史が始まって以来、約163,000トン産出されました。

 

そして現在、毎年2,000~3,000トンが産出されていますが、地球上の残りの金の推定埋蔵量は約60,000トン程度と言われています。

 

しかし、その大半は海底何千メートルの海底火山の近くや3,000メートルの山麓など採掘が困難な場所と言われています。

 

また金の国別保有量はアメリカ8,133トン、ドイツ3,412トンで日本は8位の765トンです。

 

これらの国や機関の保有量を合計しても約27,000トンですから、残りの約136,000トンは個人等が持っていると推定されます。

 

 

投資の世界での金の位置付けは、金は実物投資の代表と言われています。つまり、原油、金属、穀物、レアアース等のコモディティーの代表格です。

 

 

コモディティー等の商品市場への投資はインフレヘッジが目的ですから、金投資も基本的にはインフレヘッジが目的と言えます。

 

それ以外に金の人気の秘密は、金の貴金属としての魅力と個人にとっては現物の持ち運びの容易さと換金性が高いことが考えられます。

 

また最近、ETF(上場投資信託)に金価格に連動する商品が登場しネットトレードで気軽に金が買える様に成ったことも金投資の人気に拍車を掛けています。

 

 

そこで、老後の資金運用のポートフォリオに金を加えるのも一興です。値上がりして利益を得るのも楽しみですし、現物にしてそっと相続する手もあり得ます。

スポンサードリンク

トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費