老後資金

スポンサードリンク

年金は自分で請求しないともらえない

年金は60歳~65歳になると、自動的に年金機構から給付が始まる訳ではありません。

 

我国では全ての手続が申請主義を建前としていますから、死亡して年金を止めるのにも申請が必要な程です。

 

そこで満60歳の誕生日を迎えたら、手続の準備を始めることをお奨めします。

 

特に厚生年金の方は、今迄、全て会社が手続してくれましたが、退職後は全て自分で行わなければなりません。

 

 

年金受給の手続の第一歩は、「老齢給付裁定請求書」を提出することから始まります。

 

同時に年金手帳・戸籍謄本・住民票・雇用保険被保険者証・配偶者の所得証明書・印鑑が必要です。

 

提出先は国民年金の場合は市区町村役所で、第三号被保険者期間がある場合は最寄りの年金事務所となります。

 

 

厚生年金の場合は会社を管轄している年金事務所で、厚生年金から国民年金に移行された方の場合は、最寄りの年金事務所です。

 

国民年金から厚生年金に移行された方の場合は、会社を管轄している年金事務所です。

 

共済年金は各共済組合に提出が必要です。

 

 

この裁定請求書と各種必要書類を提出しますと、受給資格などが年金機構で審査され問題無ければ年金証書と年金裁定通知書が自宅に郵送されます。

 

年金証書と年金裁定通知書が郵送されますと、内容をよく確認の上、間違いが無ければ年金の支払い開始を待つのみとなります。

スポンサードリンク

トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費