老後資金

スポンサードリンク

どうなる退職後の健康保険

退職後に充実したセカンドライフを過ごすためには、健康が一番です。

 

会社を退職しますと健康保険の被保険者資格は、退職日の翌日に喪失します。

 

 

そのため健康保険の手続は直ぐに行わないと、思わぬ病気やケガの場合の治療費は全て自己負担となってしまいます。

 

退職後に再就職する場合はその再就職先の健康保険に加入すれば良いのですが、再就職しない場合は選択肢は限られます。

 

 

国民健康保険に加入するか、前の会社の健康保険を任意継続するかの二つです。

 

国民健康保険の保険料は、前年の所得で決定されますので、前年の所得金額によっては今まで払っていた会社の健康保険料を上回る場合があります

 

その場合、前の会社の健康保険を任意で2年間継続することが出来ます。

 

 

但し、任意継続の手続は退職の翌日から20日以内に手続しなければなりませんので、退職時に会社の担当者に確認が必要です。

 

退職後の無駄の無い生活を考えた場合は、手間は掛りますが退職時に最寄りの市区町村の国保課に問い合わせれば直ぐに国民健康保険の保険料が確認出来ます。

 

国民健康保険の保険料と任意継続の保険料を比較して、安い方を選択するのがリーズナブルな選択です。

 

 

但し、任意継続した場合は、2年後に再度国民健康保険に移行手続をしなければなりません。

スポンサードリンク

トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費