老後資金

知らないと損する定年後のお金の常識記事一覧

退職金の受取り方と税金の優遇処置

退職金の受け取り方は三通りあります。一時金で受け取る年金で受け取る一時金と年金の併用それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。1. の場合、税制面でのメリットがあります。退職一時金は退職所得控除などの非課税枠が大きいので、税金を考慮した場合はメリットが大きくなっています。退職一時金の税金は以下...

≫続きを読む

退職翌年の住民税を知っておく

退職翌年の住民税と退職する年の住民税を確認しておく必要があります。住民税は前年の年収で決まり、6月から翌年の5月までの1年間毎月給与から天引きされていました。退職月が仮に1月の場合は、1月の最後の給与からその年の1月~5月までの住民税が一括して天引きされますので、1月の給与手取り額が大幅に減ってしま...

≫続きを読む

どうなる退職後の健康保険

退職後に充実したセカンドライフを過ごすためには、健康が一番です。会社を退職しますと健康保険の被保険者資格は、退職日の翌日に喪失します。そのため健康保険の手続は直ぐに行わないと、思わぬ病気やケガの場合の治療費は全て自己負担となってしまいます。退職後に再就職する場合はその再就職先の健康保険に加入すれば良...

≫続きを読む

定年退職後でももらえる雇用保険

定年退職後でも雇用保険を申請することは出来ますが、雇用保険は再就職が前提で再就職するまでの生活費の助成が大きな目的の一つですので、少なくとも良い仕事が見つかれば数年働いてみたい程度の再就職への意欲は必要です。また年金と失業手当を同時に貰うことは出来ませんから、どちらかを選択しなければなりません。通常...

≫続きを読む

年金は自分で請求しないともらえない

年金は60歳~65歳になると、自動的に年金機構から給付が始まる訳ではありません。我国では全ての手続が申請主義を建前としていますから、死亡して年金を止めるのにも申請が必要な程です。そこで満60歳の誕生日を迎えたら、手続の準備を始めることをお奨めします。特に厚生年金の方は、今迄、全て会社が手続してくれま...

≫続きを読む


トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費