高齢者施設

スポンサードリンク

高齢者施設のいろいろ

高齢者向け施設には次の様な様々な種類があります。

 

日本経済新聞に介護施設の選び方チャートがありましたので紹介します。

 

 

 

 

介護施設の詳細

 

有料老人ホーム

事業主体は社会福祉法人と民間企業で、住居や食事などのサービスを提供する高齢者向けの施設です。
終身利用権方式と賃貸方式が有って入居金は数百万円 ~数千万円で他に管理費と食事代が掛ります。
他に介護付有料老人ホーム、住宅型有料 老人ホーム、健康型有料老人ホーム等があります。

特別養護老人ホーム

運営は地方公共団体か社会福祉法人で要介護1以上の方が入所出 来る長期入所生活施設です。
費用は月に6万~10万円程度と安価なので、入所待機期間 が2~3年となかなか入所出来ないのが欠点です。

介護老人保険施設 医療機関と家庭を結ぶ家庭復帰施設でリハビリに重点を置いているのが特徴です。
介護療養型医療施設 急性疾患の回復期と慢性疾患の高齢者のための施設ですが、厚生 労働省は将来的には無くす方針です。
グループホーム

運営は民間企業や地方公共団体で、認知症の高齢者が少人数で介護スタッフと共に生活する施設です。
費用は月額20万円程度が多い様です。

ケアハウス

運営は地方自治体や社会福祉法人、NPOなどで、自宅での生活が困難な高 齢者に対してバリアフリーの環境で食事や入浴等の生活サービスを提供しています。
費用は月額7万~15万円程度が主流となっています。

スポンサードリンク

トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費