リバースモーゲージ活用法

スポンサードリンク

リバースモーゲージ活用法とは?

平成21年版の内閣府高齢社会白書によりますと、64.5%の方が老後を考えると現在の貯蓄額では不安と答え、同様に62.8%が現在の持ち家に住み続けたいと答えています。

 

現状は高齢者になる程、持ち家はあるが貯蓄に不安があると言えます。

 

そこでリバースモーゲージの登場ですが、リバースモーゲージとは自宅を担保にして金融機関や自治体からお金を借りて、その資金を年金の形で受け取る仕組みのことで、自宅はあるが公的年金や貯蓄が少なくて老後の生活費が不足しそうな方向けに1981年に東京都武蔵野市で初めて導入された制度です。

 

 

リバースモーゲージのメリットは、自宅を手放すこと無く申込者が収入を確保出来る点で、通常、申込者は金融機関から借入をして年金という形で資金を受取り、年月と共に借金が増えていき申込者の死亡時に借金と自宅の評価額が同じになる様に調整します。

 

 

デメリットは、申込者が想定を越えて長生きした場合とその逆で早く亡くなった場合です。

 

 

また現在、厚生労働省の後押しで都道府県社会福祉協議会が実施しているリバースモーゲージの対象は、

 

  1. 65歳以上で配偶者と親以外の同居人がいないこと
  2. 申込者が市町村住民税の非課税世帯程度の世帯であること
  3. 不動産の名義が申込者単独か配偶者との共有であること
  4. 土地の評価額がおよそ1,500万円以上の一戸建てであること

 

となっています。

 

スポンサードリンク

トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費