田舎暮らし都会暮らし

スポンサードリンク

田舎暮らしと都会暮らし

リタイア後に田舎暮らし都会暮らしのどちらを選ぶかは、最終的には本人の価値観によります。

 

田舎暮らしと都会暮らしには、それぞれのメリット・デメリットが多く、単純にどちらが良いとは言い切れないからです。

 

メリット

デメリット

都会暮らし

・公共交通が発達している
・商業施設や娯楽施設が多い
・公共施設(図書館や博物館、公園など)が良く整備されている
・公共料金が比較的安い
・買い物が楽
・通勤しやすい

・家賃や食料品が高い
・比較的治安が良くない
・人とのつながりが作りにくい
・相対的に危ないひとが多い

田舎暮らし

・家賃や食料品が安い
・比較的治安が良い
・人がおおむね温かい
・殺伐としたことがあまり起こらない

・公共交通が発達してなく、一般的に車が必須
・商業施設や娯楽施設が少ない
・公共料金が比較的高い
・公共施設が整備されていない
・医療機関・介護福祉施設が少ない
・近所つきあいがおっくう
・風習に従わなくてはいけない

 

 

但しリタイア後の老後の生活を考える上で、医療機関介護福祉施設の有無は必須条件の一つです。

 

特に持病慢性疾患のある方は田舎暮らしを選択する場合でも、専門医がいる医療機関が近くにあることが必要となります。

 

又どちらを選択するにしても、安全で災害に強い場所を選ばなければなりません。

 

 

特に、リタイア後に田舎や都会に移り住む等住む場所を動く場合は、事前に新しく住む場所を良く調べなければなりません。

 

更に移り住む場合には、移り住む目的を明確にして何の為にその場所に移り住むのかを納得する必要があります。

 

単に、都会暮らしの気ままさや都会暮らしへの憧れや、田舎の大自然や広い土地に対する漫然とした期待感だけでは長く暮らすことは出来ません。

 

また、現在所有している持家を手放す必要がある場合、SBI不動産一括査定 マンションnavi のような一括査定サイトを活用し、最も良い条件で取引指定くれる業者を選ぶのが良いです。

 

 

 

そこで田舎暮らしを考えている方は、田舎暮らしを応援する自治体に問合わせたり現地訪問をお奨めします。

 

田舎暮らしを応援する自治体は、全国31の県と北海道の市町村などです。

 

また都会暮らしを考えている方は、目指す町の安いホテル等を捜して最低2~3週間長期滞在してみるのも良いかもしれません。

 

スポンサードリンク

トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費