老後資金

老後の住まいと必要資金記事一覧

どうするリタイヤ後の住宅ローン

ある金融機関の調査では、住宅ローンを組んでマンションを購入した人の平均年齢は37.8歳で住宅ローンの返済期間は33.5年だったそうです。つまり、住宅ローンが完済するのは平均的には71歳ということになります(37.8+33.5=71.3)。提携ローン開始年齢最長借入年数完済時年齢25歳で購入のケース3...

≫続きを読む

高齢化対策用リフォームの必要性

老後は子供達には負担を掛けず夫婦で自立した生活を送りたい。また、住み慣れた自宅で快適な余生を過ごしたいというのが多くの方の望みですが、リタイアの時はまだまだ若く元気ですから、なかなか高齢化対策用リフォームのことまで考えが及びません。しかし、夫婦どちらかが不自由な体になってからでは、自宅をリフォームす...

≫続きを読む

便利で安全なマンションへの選択

3.11の東日本大震災によって、様々な面でそれまでの常識や想定が一挙に覆されました。極論すれば、それまでの常識や想定を理論的に主張していた学者や研究者達は長年の研究成果や実績が一瞬にして水泡に帰してしまった訳です。便利で安全なマンションへの人々の考え方も一変しました(写真:分譲賃貸.comより)。そ...

≫続きを読む

田舎暮らしと都会暮らし

リタイア後に田舎暮らしと都会暮らしのどちらを選ぶかは、最終的には本人の価値観によります。田舎暮らしと都会暮らしには、それぞれのメリット・デメリットが多く、単純にどちらが良いとは言い切れないからです。 メリットデメリット都会暮らし・公共交通が発達している・商業施設や娯楽施設が多い・公共施設(図書館や...

≫続きを読む

海外ロングステイのメリットとは?

ハワイに行ったことのある方は、一年中Tシャツと短パンで暮らせる温暖な気候に魅力を感じた方も多いと思います。しかも暑過ぎることも無く、湿度もそれ程高く無いので余り汗をかきません。また、タイに行かれた方はタイの物価の安さに魅力を感じたことでしょう。月刊プレジデント2007年12月号によりますと、東京の平...

≫続きを読む

リバースモーゲージ活用法とは?

平成21年版の内閣府高齢社会白書によりますと、64.5%の方が老後を考えると現在の貯蓄額では不安と答え、同様に62.8%が現在の持ち家に住み続けたいと答えています。現状は高齢者になる程、持ち家はあるが貯蓄に不安があると言えます。そこでリバースモーゲージの登場ですが、リバースモーゲージとは自宅を担保に...

≫続きを読む

高齢者施設のいろいろ

高齢者向け施設には次の様な様々な種類があります。日本経済新聞に介護施設の選び方チャートがありましたので紹介します。介護施設の詳細有料老人ホーム事業主体は社会福祉法人と民間企業で、住居や食事などのサービスを提供する高齢者向けの施設です。終身利用権方式と賃貸方式が有って入居金は数百万円 ~数千万円で他に...

≫続きを読む


トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費