老後資金

スポンサードリンク

定年退職後すぐに年金はもらえない

60歳定年を前提にして考えますと、定年退職後すぐに年金は貰えない方が大半です。

 

厚生労働省では将来的に年金の受給開始年齢を65歳に一本化するために、各企業に60歳定年退職を65歳に引き上げる様に働き掛けています。

 

現状では、大手企業の定年退職年齢は60歳が殆どですが、60歳以降は嘱託や子会社出向などで実質的に63歳~65歳まで雇用を継続する企業が増えています。

 

しかしこの措置は、あくまでも例外的に会社が認めた社員に対してのみであって、全ての社員が63歳~65歳まで雇用される訳ではありません。

 

現実的には、定年までの会社への貢献度によって決められています。

 

また、自営業者や農業者の場合、60歳で仕事を辞めることの出来る経済的に恵まれた人はむしろ少数派と言えます。

 

 

ただ、60歳で定年になった人や、病気などの理由で60歳以降は働けない人のために年金の受給開始年齢を知っておく必要があります。

 

まず国民年金の場合は、受給開始年齢は65歳で一本化されています。(今までに厚生年金や共済組合に加入したことの無い方、有っても加入期間が1年未満の方)

 

次にサラリーマンが加入する厚生年金の場合は、1年以上厚生年金に加入した実績のある方は60歳から特別支給の老齢厚生年金として一部の年金を段階的に受給することが出来ます。

 

 

また、公務員の共済年金は原則として65歳が受給開始年齢となっていますが、一定の条件を満たせば60歳から受給するこが出来ます。

 

この様に現状は、公的年金の受給開始年齢が60歳から65歳への移行期間と言えます。

スポンサードリンク

トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費