老後資金

スポンサードリンク

妻が65歳で夫の年金が減る理由

妻が65歳になると夫の年金が減る場合があります。それは老齢厚生年金を受給している主婦が、加給年金を受け取っている場合にあり得ることです。

 

加給年金とは、夫の年金受給開始から、妻が65歳になるまで、あるいは子供の18歳到達年度の末日(高校卒業)まで加算される、いわば老後の扶養家族手当のようなものである。

 

 

妻が65歳になって老齢基礎年金を受給しますと、夫の加給年金は無くなりますが、妻には振り替え加算という形で老齢基礎年金に加算されることになります。

 

この場合、妻が65歳になると夫の年金額が減ることになります。

 

但しこの加給年金は申告が必要です。

 

 

申告の要件は夫の厚生年金加入期間が通算20年以上であり、40歳以降の加入期間が通算15年以上あることと、妻が65歳未満で年収が850万円未満であることです。

 

 

加給年金額は夫の生年月日によって特別加算額が加算される場合がありますので、個別に確認が必要です。

 

最近は姉さん女房も多くなりましたが、厚生年金の世界では年下の女房でしかも年齢差が有ればある程有利になっているのが現状です。

 

 

ひとつ注意したいのは、妻が振替加算を6受け取れる65歳前に熟年離婚された場合、支給されません

 

逆に、65歳になって振替加算を受給開始されてから離婚された場合は、一生受給されることになります。

 

スポンサードリンク

トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費