老後資金

知っておきたいあなたの年金額記事一覧

国民年金・厚生年金・共済年金の違い

1985年以前の我国の公的年金制度は、自営業者や農業者などを対象とする国民年金と民間企業サラリーマンを対象とする厚生年金、国家公務員・地方公務員・特別公務員を対象とする共済年金に別れていました。しかし産業構造の変化と公的年金制度の財政状況の悪化などの理由で、1985年に公的年金制度が抜本改正され、国...

≫続きを読む

定年退職後すぐに年金はもらえない

60歳定年を前提にして考えますと、定年退職後すぐに年金は貰えない方が大半です。厚生労働省では将来的に年金の受給開始年齢を65歳に一本化するために、各企業に60歳定年退職を65歳に引き上げる様に働き掛けています。現状では、大手企業の定年退職年齢は60歳が殆どですが、60歳以降は嘱託や子会社出向などで実...

≫続きを読む

年金支給までの空白の5年間

現在の公的年金の受給開始年齢は60歳から65歳への移行期間と言えますが、病気などの理由で60歳以降働けない方にとっては、60歳から65歳までの5年間は空白の5年間になる危険性もあり得ます。そこで、60歳から年金を受給するための詳しい要件を確認する必要が出てきます。まず60歳まで国民年金一本で来られた...

≫続きを読む

会社員と専業主婦の年金はココが違う

専業主婦の年金は、夫の仕事や妻の年収などのケースによって様々な違いがあります。まず夫が厚生年金か共済年金に加入している専業主婦の場合は、保険料を納める必要はありません。但し、専業主婦の年間の収入が130万円以下であることが条件となります。年金納付年金受給サラリーマンの妻(年収130万円以下)不要○サ...

≫続きを読む

妻が65歳で夫の年金が減る理由

妻が65歳になると夫の年金が減る場合があります。それは老齢厚生年金を受給している主婦が、加給年金を受け取っている場合にあり得ることです。加給年金とは、夫の年金受給開始から、妻が65歳になるまで、あるいは子供の18歳到達年度の末日(高校卒業)まで加算される、いわば老後の扶養家族手当のようなものである。...

≫続きを読む

働き続けるとどうなる年金支給額

医療技術の進歩と平和で安全な暮らしが、平均寿命を少しずつ伸ばしています。それに伴って定年無しに働き続ける人が増えています。大企業や中小企業の経営者、政治家、芸術家、音楽家、作家、自営業者など様々で、70歳代、80歳代で活躍している方も少なくありません。言わば、働き口がありさえすれば働き続ける時代にな...

≫続きを読む

自営業者は会社員と比べて不利か?

自営業者は会社員と比べて不利なのか、つまり国民年金は厚生年金と比べて不利なのかという議論があります。確かに年金の受給額を見てみますと、現在の公的年金モデルケースによる年金受給額は、国民年金の年額792,100円に対して厚生年金は年額2,796,000円となっていますので、金額的には国民年金は圧倒的に...

≫続きを読む

個人年金をうまく活用する

将来の公的年金は負担増で給付減のトレンドは変えられない、と考えた方々が個人年金で将来の年金受給額を増やそうとしています。現在、大きく別けて個人年金には3つのパターンがあります。1つ目は従来の個人年金で、毎月一定額を積み立てていくパターンの個人年金です。現在の超低金利時代に於いては、良いパフォーマンス...

≫続きを読む


トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費