生命保険の税金

スポンサードリンク

生命保険の税金の関係

生命保険から受け取る保険金や給付金には、何らかの税金が掛る場合があります。

 

保険金や給付金の種類や契約者、被保険者、受取人の関係で掛る税金が変わってきます。

 

 

 

満期保険金と死亡保険金は、少し複雑です。

 

死亡保険金の場合は、契約者と被保険者が同一で受取人が被保険者の相続人の場合は相続税が課税されますが、生命保険金の非課税の適用が受けられます。

 

非課税限度額=500万円×法定相続人の数

 

しかし受取人が被保険者の相続人でない場合はこの限りではありません。

 

契約者と被保険者が同一でない場合は、契約者と受取人の関係によって異なってきます。

 

契約者と受取人が同一の場合は、一時所得として所得税が課税され、同一でない場合は贈与税が課税されます。

 

 

満期保険金は契約者と受取人が同一の場合は、一時所得として所得税が課税され、同一でない場合は贈与税が課税されます。

 

 

個人年金保険の年金は、契約者と年金受取人が同一の場合は雑所得で所得税、同一でない場合は贈与税が課税されます。

 

 

解約返戻金・祝金・生存給付金は、一時所得として所得税が課税されます。

 

 

以上の様に生命保険の税金は複雑ですが、それは契約者と被保険者と受取人の関係によって適用される税率が変わるからです。

 

そこで契約後であっても、被保険者は変更出来ませんが契約者と受取人は変更出来ますので、場合によっては検討が必要です。

 

 

ちなみに、入院・通院手術給付金、特定疾病保険金、高度障害保険金、介護年金・介護一時金は、非課税の保険金・給付金となります。

スポンサードリンク

トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費