リタイヤ後に必要な生命保険

スポンサードリンク

リタイヤ後に必要な生命保険とは?

一般的にリタイア後は仮に自分に万が一のことがあっても、家族に与える経済的な影響は限定的となっています。

 

住宅ローンは終わり、子供も独立している場合が多いですから、大きな死亡保障の生命保険は不要となります。

 

一方で、がんなどの三大疾病の罹患率は60歳を境に大きく跳ね上がりますし、災害や交通事故などでの怪我のリスクも高まります。

 

特に近年、高齢者の重大な交通事故が増えています。

 

 

そこで、まず、これらの事故での怪我や病気に対応する医療保険を見直す必要が出て来ます。

 

入院給付や手術給付や通院給付の付いた医療保険を拡充しておく必要がありそうです。

 

特に、生涯で二人に一人は罹患するがんの場合、トータルで200万~500万円の自己負担の治療費が掛ると言われていますから備えは怠れません。

 

 

また、リタイア後でも健康保険は、国民健康保険か家族の被扶養者になる形で継続されていますから、健康保険の保障は高額療養費制度を含めて今までと変わりません。

 

リタイア後の生命保険を考える上で、まずこの点を押さえて必要の無い保険の整理と不足部分を補う保険の新規加入が必要となります。

 

 

今まで大きな保障の死亡保険に加入していた場合は、終身保険の場合、保険料の払込終了後は死亡保障に代えて年金保険や介護保険に移行することが出来ます。

 

また更新型に加入している場合には、長生きした場合に備えた更新が必要となってきます。

スポンサードリンク

トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費