老後資金

老後の生活資金はいくら必要?

老後の一般的な生活費27.7万円に対し、夫婦の年金を3つのパターンで比較したグラフです。二人とも厚生年金を受給する夫婦以外は、毎月の収支が赤字になってしまいます。

 

老後の生活費詳細はこちら

 

これを生涯資金で計算したグラフになります。最も一般的な夫が厚生年金、妻が国民年金の夫婦の場合、2,790万円の不足となります。

 

これにレジャー費、リフォーム代、子どもへの援助、葬儀代などを加えると3,000万円以上になり、一般的に言われている「老後資金は3,000万円必要」という内訳になります。

老後資金の手段をどんなもので準備しているか(複数回答)

 

足りない老後資金を、どのように準備していくかという統計では、預貯金、生命保険、個人年金が上位を占めています。

 

管理人は、老後資金として、月払の個人年金保険に加入していますが、複数の終身保険にも加入しています。これは、死亡保険の役目を果たしつつ、ある程度の年数が経過すると返戻金が元本以上になるため、老後資金としても使う事ができるからです。

 

終身保険を老後資金として活用した例

管理人が加入している終身保険の中で最も気に入っているのが、アフラックのWays全期前納タイプです。一括支払いということで、ある程度まとまった資金が必要になりますが、その分戻り率が高くなります。

 

そして、65歳(年齢は選択可)から年金に変更することが可能で、年金以外にも医療保険(審査なし)や、介護保険への変更も可能ですし、そのまま終身保険として継続することも可能です。

 

 

生命保険の資料を取り寄せてみると、じっくり考えて検討することができます

 



管理人が老後の生命保険・個人年金について無料相談を受けて良かったベスト3社

老後資金について夫婦でじっくり考えましたが、やはり素人だけは不安がありましたので、お金のプロに相談することにしました。

 

特定の保険会社に相談するのではなく、複数社の保険を扱っている中立の立場の代理店でしたので、色んな保険会社の商品をひとつずつ丁寧に説明してくれました。1社では不安でしたので訪問型1社と来店型2社の無料相談を受けました。

 

プロのファイナンシャルプランナーがパソコンや保険のカタログを持参して自宅に来てくれました。

 

夫婦の年齢や公的年金を分かりやすく説明してくれましたので不透明だった部分が、かなり鮮明になりました。

 

テレビCMでもおなじみ、ほけんの窓口は、取扱い保険会社が約35社、年間無料相談実績は、15万件以上あります。全国361店舗で無料相談を実施している国内最大級の無料相談窓口です。

 

知名度も高く人気が高いので、早めに予約を取らないと無料相談を受けられません。

 

保険市場

近くのショッピングモールにテナントとして入っていた来店型の保険相談でした。

マンモスと同じく複数の保険を扱っているので、私たち夫婦に適した保険をいくつかピックアップして頂きました。

 

終身保険を年金として活用するという方法も紹介して頂きました。

 

 

保険市場の人気ランキングを参考にする

保険市場の資料請求ランキングです(毎週月曜日更新)。

 

現在、どんな個人年金が人気があるか、ひと目で分かります。

 

上位5商品の資料を無償請求することができます(約3分)。

 

→ 今月の人気積立保険ランキング


トップページ 個人年金ランキング 無料の資料請求 プロの保険無料相談 定年後の生活費